【社会の闇】大人はびっくりするほど、あなた達から奪っていく

ソライチです。

今日は就活に励む、学生さんに注意喚起という意味で記事を書きます。

 

就活中ということで、成人されている方も多いですし、投票権のあるれっきとした大人ですから、全て自分の判断でいろんなことをされていると思います。

 

確かに、確かに、あなた方は大人です。

そこに対して私も敬意を払っています。

 

しかしながら・・・。

 

「学生」の皆様。

みなさんは、皆さんが思っている以上に、非常--------------に守られている存在です。

そして、みなさんが思っている以上に、純粋で、一生懸命で、希望に溢れている存在です。

 

今から社会に出るみなさんにこんなことを言うのは、少し酷かもしれませんが、ぜひとも理解しておいてください。

 

大人は、平気で、自分の利益のために、あなた方を利用するし、奪います。

 

これは、社会人と学生の大きな違いであり、壁です。

 

もちろん、全員ではないですよ。

いい大人もいっぱいいますし、むしろその人数の方が多いでしょう。

 

でも、自分の好きな人、仲のいい友達とだけつるんでいれば良い学生と、会社が選んだ人間と嫌でも一緒に働かなくはいけない社会人は違う。

 

なんだかんだで学生は、やっぱりきちんと守られていて、恐ろしいほど、純粋なのです。

 

大人には、かなりの頻度で「悪い人」が潜んでいます。

 

それは必ずしも凶悪な犯罪者であるわけではない。

ただ単に、性格が悪いだけのこともある。

でもそれは、あなたの人生を破壊するには十分だったりするんですよ。

 

・・・何度も言いますが、被害に遭わないでいられる方もたくさんいます。

でも、そうでない人も少なからずいる。

そして、被害に遭ってしまった方は、自分悪くないのに自分を責めてしまいがちなので、あえて、ここで書かせて頂きますね。

 

 

深刻化する就活生への性的暴行

昨今日本では、OB訪問を入り口として、就活生への性的暴行が深刻化しています。

先日、住友商事の元社員が逮捕された事件は、記憶に新しい方も多いはず。

就活女子大生をレイプした自ら「性獣」と名乗る住友商事社員

 

就活生はみんな、ネームバリューのある大手企業に内定するために必死なのです。

 

その弱みに付け込み、内定に有利になる、寝たら内定できる、断ったら就活に不利になる。

などの決まり文句を付け、行為を強要するわけですが・・・

 

「OBマッチングサイトで何度か相談していた人に『俺が人事だったら絶対にとる』『見せるつもりのなかった会社の資料が家にある、君になら見せてもいい』と家に来るよう誘われた。このチャンスはどうしても逃してはいけないとついて行き、その資料を見ながら体の関係を求められた。 その後、その人が会社を半年前に辞めて独立準備中だということを知らされ、どうしようもなくなった」(女性、20〜24歳、学生)
引用:https://www.businessinsider.jp

「OB訪問でエントリーシート通ったら合コン、選考に通ったら体と言われた」(女性、20〜24歳、学生)

「インターンシップで愛人関係にならないかと言われた」 (女性、20〜24歳、学生)

交際をせまるLINEメッセージがくる、毎週夜に飲み会に呼び出される」(女性、20〜24歳、学生)

「就活の時のノートを見せるという口実で家に誘われてそのまま大量に酒を飲まされた。意識がはっきりしない状態で体を触られ、体に点数をつけられ、人格を否定するような言葉もたくさん言われ……。このセクハラが原因でまともに就活できなかった。何度死にたいと思ったことか、ここまで死にたいと思ったことはない。彼のせいで私はその志望業界にもう関わりたくないと思った。夢がひとつ潰された思い」(女性、20〜24歳、学生) 引用:https://www.businessinsider.jp

 

 

これらは、クズ聖職者が信者に手を出す手口と一緒。

 

自分の立場を最大限に悪用した、ただの悪人です。

 

※なお、me too運動を受け聖職者によるレイプが横行していることが次々と明るみになり、先週、法王がとうとう「Sexual Abuse」に関するの新たな教令を出しました。カトリック教の性的暴行はかなり前から確認されていて、ドキュメンタリー番組も多数公開されています。「the keepers」で大衆の関心がものすごく集まったのも手伝い、少なくとも少しずつ解決に向けた動きは各国であります。

【CNN】Pope issues new rules mandating the reporting of sexual abuse to Church authorities

ローマ法王、性的虐待の通報を聖職者に義務化 新たな教令発表

 

 

こういうクズ聖職者と全く同じ手口で、自分の立場を利用して内定を目指す女子受験生を食い物にする。

 

それはCA受験コンサルも例外ではありません。

就活コンサル×詐欺?悪質なCA受験コンサルとのトラブルに巻き込まれた際の対処法

 

また、性的被害は何も女性が男性から受けるだけのものではないのです。

世の中には声が上がっていないだけで、性的暴行を受けた男性の被害者は、たくさん存在します。

 

もちろん、数で比較すれは女性が被害者になることの方が多いかもしれませんが、そもそも被害の量は競うものでもありません。

被害に遭ったのであれば、それはきちんと、声を上げていいんです。

被害者に罪はないですよ、悪いのは100%加害者です。

 

 

大人は助けてくれない

そして。

大人は、あなたから奪うことをしても、助けてくれることは少ない。

例えあなたが勇気を出して声を上げても、適当に扱われることも多くあります。

 

先日の某航空会社でも、機内での痴漢行為の対応について炎上していましたよね。

被害者が勇気をだしてSNSで声を上げた結果が、あれです。

彼女の訴えを聞いた大人たちの中には、「被害者にも非がある」とか言ってしまったり、「ネガティブキャンペーン」とか発言してしまう方や「これって被害者の言ってること本当なの?普通に考えておかしくない?」と言ってしまう業界人など。

セカンドレイプをする人もいました。

そして、それがセカンドレイプになっていると、全く分かっていないし想像もできていない。

男女関係なく、こういう大人は、掃いて捨てるほど社会に存在するのです。

 

 

被害者が声を上げない限り問題解決になかなか繋がらない

・・・しかしながら。

第三者がこの問題を解決に導くことは、できないんですよ。

 

なぜなら第三者は直接的な被害者ではないから。

これが一番苦しいところですよね。

 

被害に遭った人が自分達で声を上げない限り、この問題は取り上げてもらえないのです。。。

 

第三者で直接被害に遭っているわけではない人が、「この人だ」と騒ぎ立てたところで、証拠不十分・狂言扱い、下手したら名誉棄損で終わってしまいます。

 

悪い大人って、その学生が「泣き寝入りする」とわかって行為に及んでいるんですよ。

このノリならやらかしても大して気にしないだろう、または、本当は学生側が嫌がっていたとしても「同意があった」と言えばこのタイプなら黙ってるだろう、「声を上げなさそうな子だ」と分かって、わざわざ!!!!獲物を選別しているんです。

機内で痴漢行為に及んだ犯人も、こういう卑怯な大人。

 

でも被害者の方は、辛い想いをしながら、それでもまた、2度目の声を上げました。

声を上げることによって、前述した通り、別の「奪う」タイプの大人から非難を浴びて、さらにその分辛い想いをしたはずです。

 

・・・しかしながら。

少なくとも、彼女の声はきちんと届いたので、航空会社は動き出した。

 

もうこの件に関しては、航空会社が動き出したことから、外野が安全圏からギャーギャー騒ぐことではありませんが、間違いなく、社内では当該CA達に事情聴取はされているはずですし、大事になっているはずです。

 

被害者の方が受けた傷や、嫌な思いをした経験・時間がもう戻らない。

・・・しかしながら、彼女が勇気を出して声を上げたことで、少なくとも事実は判明した。

 

世の中のこのような問題の多くは、一切、表に出ていないのがほとんどなんですよ。

その中で、彼女は本当に、本当に、よく頑張ったと思います。

 

就活セクハラ被害者の7割が相談できない理由、大学への不信感と「どうせ変わらない」無力感

OB訪問で自宅や個室で性行為強要、2人に1人の学生が就活セクハラ被害に。「選考有利」ちらつかせ

 

「俺と寝たら〇〇〇に内定するよ、今まで寝た生徒は全員内定してる」

・・・などと、就活中に言われたことのある方。

 

それはれっきとした、セクハラであり、嫌がらせです。

 

人によってはさして気にする内容のことでもなかったかもしれない。

人によっては、流して逃げることが出来たかもしれない。

どうしても内定したかったから、嫌だったけど受け入れるしかなかったかもしれない。

断ったら暴言を吐かれたから急いで逃げたけど、全然納得いっていない人もいるかもしれません。

 

いずれにしろ、その大人がやっていることは、許されないんです。

 

「俺と寝たら〇〇〇に内定する、今まで寝た俺は生徒は全員内定してる、だから俺と寝ろ」

 

普通に考えて、こんなことをいう人間を企業が許 す は ず が な い

有名企業であればあるほど、です。

 

だから。

悪いことには悪い、と、被害を受けたあなた方が、きちんと機関に訴えてください。

 

その方法がこちらです⇩

就活セクハラ被害にあったらどうする? 学生のギモンと不安に弁護士のアドバイスは

 

 

大事なことなので何度も繰り返して言います。

悪いのは100%加害者であり、被害者のあなたに一切の非はありません。

 

夢を持ち、その目標達成のために一歩を踏み出した先に、たまたま運悪く悪い人がいただけで、あなたが悪いのではありません。

あなたの自己責任ではありません。

あなたの判断ミスではありません。

 

学生のみなさんは、みなさんが思っている以上に純粋です。

そして、「大人」の中には、みなさんが想像している以上に、悪い人が混ざっています。

 

良い母・父が、必ずしも良い上司であるわけでもなく。

良い上司が、必ずしも良い妻・夫であるわけでもない。

 

善悪は一つの角度からは判断できないのです。

 

しかしながら、少なくとも、就活生の立場のみなさんが「嫌だ」「おかしい」と少しでも思ったのなら、自分を責める前に、人に話をしてください。

 

もしかしたら、それによって、傷つくこともあるかもしれません。

しかしながら、もう一つだけ言うと・・・

社会には、「悪い大人」もいれば「良い大人」もいるということ。

あなた方が「助けてほしい」と声を上げれば、どこかで必ず「良い大人」に出くわすことが出来る。

それを忘れないでいて欲しいと思います。

 

さて。

選考真っ最中にこんな投稿をして申しわけないのですが、いよいよ新卒は大手の面接が始まりますね!

ここまで来たら、あとは面接を楽しむだけです^^

みなさん、よい一日を^^

 

   

高額なコンサルやスクールに通わず
自力でCA受験を乗り越えたい方へ。


CA受験対策にそのまま使える
超実践的な内定マインドを
無料メルマガに詰め込みました。


20年卒・既卒
\ CA受験者必見 /

自力でCA内定したい人はコチラ