赤ちゃん連れの飛行機についてCA目線で語りたいと思う

閲覧注意
人によっては不快な表現が含まれます。

 

赤ちゃんを飛行機に乗せるのは善か悪か。

 

・・・今日はあまりにも有名な論争について、CA目線で書いてみようと思います。

 

  • 赤ちゃんの泣き声が迷惑 VS  赤ちゃんは泣くのが普通
  • そもそも子連れは旅行なんかに行くな VS 普段育児を頑張ってるんだから息抜きして何が悪い!
  • 赤ちゃんには気圧が負担 VS 年に一回くらいの飛行機が本当に人体に影響あるの?

 

・・・これ、私いつも不思議に思ってるんですけど、この論争ってとても大事な点が抜けてるんですよね。

 

あまりにも

『航空会社』が無視されすぎているのです!ばーん

 

結論から言うと・・・

 

そもそも、航空会社が生後7日以降*の乳幼児の搭乗を受け入れている時点で、『赤ちゃん連れは飛行機に乗るな』という意見には意味がない。*各航空会社の規定による

 

_:(‘Θ’ 」 ∠):_プルプルプル

 

 赤ちゃん連れ飛行機論争は本当に意味が無い

なんらかの特別な事情がない限り、地球上に存在する全ての航空会社が、赤ちゃんの搭乗を受け入れています。

この時点で『赤ちゃん連れは飛行機に乗るな』という意見は、本当に意味が無いのです。

 

一生懸命赤ちゃんを産んでくれたママを圧迫するだけの、ただの虐めにしかなりません。

彼らがこう言っているのは、ほとんどの場合・・・

『泣き声がうるさい』
『落ち着いていられない』
『眠ることが出来ない』

という、非常に個人的なことが理由。

※語弊がありそうなので書いときますが、この「赤ちゃん嫌い成人」たちの言う「よくいる非常識な両親」っていうのは、最初から「赤ちゃんと飛行機に乗るな」という意見に耳を傾けませんので、善良な両親だけが傷つくだけです。

 

で、中には・・・

 

『航空性中耳炎』になりやすいし、赤ちゃんには負担だから辞めたほうがいい。

 

という、いかにもな理由を言う方もいらっしゃいますが・・・

 

仮にもし、フライトでかかる気圧が、赤ちゃんの体に必ず航空背中耳炎に100%影響があると証明されているとしたら、安全が経営の基盤で資本でもある航空会社側は、そもそも赤ちゃんの搭乗を受け入れるでしょうか?

 

客室乗務員やパイロットのように、1日に何便も離着陸を繰り返したり、月のフライトタイムが100時間くらいあるというなら『負担』という話は分かりますが・・・

 

航空性中耳炎って、本当に個人差があります。

赤ちゃんの体はまだ大人よりも弱いので、確かにかかりやすいと言われれば、確立的にはそうかもしれませんが、全ての赤ちゃんがかかるわけでもないですし、かかる方は大人でもかかります。

 

・・・なので私は、これが『赤ちゃん連れは飛行機に乗らない方がいい』という理由にはならないと思うんですよね。

機内で泣いていたとしても、それが常に航空性中耳炎なわけでもないですし、耳が詰まるタイミングはある程度予想が出来ますから、それに対する対策も取れるし・・・

 

私の娘も生後7ヶ月で日本とブラジルの往復をしていますし、4便合わせて50時間以上、一度も泣きませんでした。

 

要は体質なのです。

 

大人の都合で赤ちゃんを連れまわすのはちょっと・・・

という方もいらっしゃるでしょう。

 

・・・ですが、飛行機に乗る方には、さまざまな事情が背景にあります。

旅行に行く方、帰省する方、事情があって乗らざるを得ない方。

などなどなどなど。

 

好きで乗ってるわけじゃなく、仕方なく乗ってる場合だってたくさんある。

そしてその事情を、赤の他人に知る術はないってことですよ。

 

客室乗務員側からしたら、赤ちゃん連れ賛成派だろうが、反対派だろうが、『航空券』という搭乗権利を持っている以上、全ての旅客は完全に同じ立場であり、受け入れるのも当たり前であって。。。

 

旅客の立場で、搭乗券を有した他の旅客に『乗るな』というのは、ちょっと・・・

 

 

\ 何言ってるのか分からないです /

 

 

それこそ、航空会社側からしたら、赤ちゃん連れの旅客よりも圧倒的に『自己中』だという印象は受けますよね^^;

 

それに客室乗務員にとって、赤ちゃん連れって特別迷惑に感じませんし。。。

ほとんどのご両親(大抵はママが)、お子様がどうにか泣かないように色々準備されて、一生懸命お世話してます。

それでも機内では常にビクビクされてるんですよ(´・ω・`)。

 

なので安心してほしいんですけど、多分どこの航空会社のCAに聞いても、赤ちゃんが嫌だというCAはほとんどいないはずです。

それより迷惑な旅客なんて、いっくらでもいますから。爆

 

  • ママが一生懸命お世話をしているのに、赤ちゃん連れの家族に対してクレームを言ってくる周りの旅客
  • 無理やり機内で別クラスにアップグレードしろと言ってくる旅客
  • 自分を王様か何かだと勘違いされているエセステータス旅客(会社の経費で乗っているビジネスマンが多い)
  • 満席なのに自分の隣を空席にしろと言ってくる旅客
  • 前の座席のリクライニングを『元の位置に戻せと言え』とCAに押し付けてくる旅客※元に戻す必要がない時間帯の話です。

 

赤ちゃんよりも圧っっっっっっっ倒的に迷惑です。

もうね、本当に、8000倍くらい迷惑。爆

 

(‘ω’)ノ

 

なので。

赤ちゃん連れのママさんは、飛行機に乗ることになった時、ぜひ覚えておいて頂きたいのは、どんなに批判をされようとも、航空券を持っている以上、航空会社側はあなた方の味方だということ。

 

CA側だって、『うわっ・・・赤ちゃん連れだよ・・・』とか、本当に全然思ってないので!
※それよりも、小学生くらいの子供が50人とか乗ってる方が恐怖。爆

安心してください^^

 

底辺だった私でさえ、この意見なんですから、普通のCAはもっと優しいはずです。

何度も言いますが、それよりも困る旅客のほうが圧倒的に多いですから!(笑)

 

ぜひリラックスして飛行機に乗っていただければと。

それでも困ったときは、遠慮なくCAに助けを求めてくださいね。

 

もちろん、寝かしつけ、ご飯を食べさせる、などの『お世話』はできませんが、その他のできる範囲のことであれば、お手伝いしてくれますよ^^

ではでは!

 

 

   

高額なコンサルやスクールに通わず
自力でCA受験を乗り越えたい方へ。


CA受験対策にそのまま使える
超実践的な内定マインドを
無料メルマガに詰め込みました。


20年卒・既卒
\ CA受験者必見 /

自力でCA内定したい人はコチラ