CAは狭き門はウソ!?私がCA受験を全く難しいと思っていない理由

私はですね。

個別に就活コンサルをしていた時も、現在も。

CAを目指して頑張り続けている人は、遅かれ早かれ、最終的には全員内定すると言い切っているんですね。

 

それは何故かと言いますと。

 

私自身がCAとは真逆の世界出身であり、周囲に200%内定出来ないと言われ続けた中、新卒でCAになることに成功した経験があるからです。

(/・ω・)/

 

 

私の学生時代

ここで、私がCAになるまでの過程を少しお話します。

学生時代は部活動に明け暮れ、見た目、逆三角形の完全なマッチョでした。

髪の毛も2cm位だったと思います。

スポーツ推薦で高校に入学しており、高校3年生の頃に女子から本気の告白をされるという、特殊な経験を持っています。

引退後・・・

今まで産まれてから一度もしっかりと勉強をしたことがなかった私は、当然『大学』などという場所を目指せるはずもなく。
※スポーツ推薦での大学進学は辞退。

 

家に届いていた専門学校のパンフレットを一目見て、『ここで良いか』と決めたのが、まさかの航空業界だった。

 

・・・という、なんともアクロバティックな経緯を経て、奇跡のCA内定を果たしています。

 

専門学校入学当初は、『整備士志望の学生』だと誰もが信じて止まず、本人もそのつもりでした。

 

が。

 

最終的な進路選択の書類で、チェックする箇所を間違え、フライトアテンダントコースに入学することになってしまったんですよ。(笑)
※この点に関しては書類を作成した事務員の責任だと今でも思っています。爆 恨んではいませんが。(笑)

 

とりあえず書類に書き間違えがあった旨、事務員に相談すると。。。

 

どうやら変更手続きは気が遠くなるほど面倒なうえ、なんとオリエンテーション後に執務室に残る必要があるらしい。

 

で、私、どうしたかと言いますと。

 

ソライチ

福利厚生良さそうだし、まぁ良いか。言ってもそんな変わらんっしょ、CAと整備士って。

 

 

(゚∀゚)okok!!

 

ばーん。

 

その日はアルバイトのシフトが入ってたんですよね。(笑)

なので学校に残ってる場合じゃなかったわけです。

 

はい。

 

こうして私は、不本意にもCAを目指すこととなります。

 

 

当時の私のスペックを書きますと・・・

・偏差値→運動onlyだったため、受験勉強の経験がゼロ。なので不明。低いって事しか分からない。

・英語力→This is a penのどれが名詞でどれが動詞なのか、そもそもそれが何のことやら理解していない。

・身長→154cm

・髪の毛→スーパーベリーショート(多分4cmくらい)

・服装→上:Tシャツ、下:ミズノジャージ

 

説明会の日、同じ空間にいた誰もが本気で『整備士志望の小さい男子』だと思ってたと思います。(笑)

 

(゚∀゚)テヘ

 

でもね、この数年後、私はその年、クラスで唯一のCAとして、空を飛ぶことになるんですよ。

 

私が専門学校時代に実践したこと

さて、私はその数年間で一体何をしたのか。。。

それは、簡単に言うと『分析』『計画』『行動』『継続』の繰り返しです。

 

分析というのは、自己分析の事じゃないですよ。

 

就活って聞くと、自己分析だーとかなんとか言われていますが、私が実践していたのは、『CAになるために必須のスキルは具体的に何か』という、もっと具体的な部分の分析です。

 

そこで導き出された答えに対して、今自分は何をするべきなのか、『計画』を立て、『実行』します。

そしてそれを達成させるまで『継続』します。

 

これだけ。

これだけだったんです。

 

(・ω・)

 

その内容の一部を少し紹介しますと・・・・・・

上記にもあるように、当時、私は身長が154cmしかありませんでした。

 

周りの教員や友人達は、この時点で絶望的だと言っていたんですね。

しかし私自身は、身長が低いことに対してあまり悲観的になっておらず、こう考えていたんです。

 

 

  1. CAになるにはあと何cm必要なのか
  2. どうすれば身長を伸ばせるか
  3. その具体的な行動はなにか
  4. 行動の徹底と継続

 

これをを自然と意識していたんですね。

運動部時代、大舞台で勝つ為に、たくさんメンタルトレーニングの本も読んでいたので、この辺の考え方はその時のクセのような感じですかね・・・

無駄に体育会系的な思考なのかなとも思いますが、これが功を成して目標を達成したのです。

 

そう。

 

身長4cm伸ばしたんですよ。自力で。

 

 

 

 

具体的に行動するのがポイント

なんでもそうですが、目標を達成するには、そのための具体的な行動があるわけで、それを考えて行動に移し、継続し続ければ、大抵のことは達成できます。

 

高校3年間の間に、インターハイで優勝することを目指すよりも、CAに合格するという目標の方が、私にはよっぽど簡単だと思えたんですよね。当時。
※ちなみに今でもそう思っています(笑)

 

なので、周囲からいくら笑われていようとも、最初から私には、無駄に自信がありました。

正しい努力をしている自負があったので、このまま努力を継続していれば、いつかどこかで必ず内定が貰えるはずだ。という、100%の自信があったのです。

 

CAを目指している方は、ぜひこの気持ちも合わせて覚えて頂ければと思います。

(・ω・)

 

CA受験には、期限がありません。

 

いわゆる『新卒バリュー』も関係ないですし、一年中どこかで募集が行われています。

 

重要なのは、CAになるためには何が必要なのかをハッキリと捉え、今の自分と比較して、足りない部分を補うための努力をし続けること。

 

必ず結果はついてきますよ。

 

『継続』

 

諦めずに続けること。

これがCA受験では最も重要なのです。

 

 

気持ちが落ちた時に読みたい言葉

最後に、私が人生のモットーとしている言葉を紹介します。

高校時代からずっと私を支えてきてくれたものです。

If you can dream it, you can do it.

それを夢見ることができるなら、あなたはそれを実現できる。

 

これは、あのディズニーランドの創設者、ウォルトディズニーの言葉。

 

 

実現できる可能性が全くないモノやコトに、人は夢を抱きません。

あなたがCAになりたいと思った瞬間から、あなたは既にCAになれる道を選んでいるのです。

 

あとは足りないものを補いながら、進み続ければ良いだけなんですよ。

一度や二度、面接で落とされてしまったからと言って、絶対に諦めないでくださいね!

 

CA内定 ≠ 狭き門

 

頑張ってください^^