CA受験ではたくさんの航空会社を受験するべきなのか?

CA受験のブログを書いていて、本当に多い質問の一つ。

受験生

・・・やっぱり、CA職は倍率が高いし、たくさんの航空会社を受験するべきでしょうか?

 

これは、志望動機を添削していても違いがはっきり見えますね・・・

 

「CAになりたいのか」「その会社のCAになりたいのか」

 

この両者は、似ているようでベクトルが全く違います。

 

今日は、後者である

「その会社」の「CA」になりたい人。

つまり、志望する航空会社が1社のみの受験生の考え方についての記事です。

 

「職業」にこだわるか「会社」にこだわるか

 

CA受験生は大きく2種類に分類されます。

「とりあえずCAになりたい受験生」
「その会社のCAになりたい受験生(それ以外の会社には興味ない)」

 

受験生の多くは、前者

 

CA受験を経験されている方は、ほとんどがJALとANAの2社を同時に受験されていると思うんですね。

 

受験生

JAL ANAのどちらかに内定できれば、どっちでもいいや

受験生

できればANAが良いけど、JALでも良いかな(または逆)

受験生

CAになることが出来るのなら、とりあえず会社にこだわりは持たない。受験出来る会社は全部受ける!

 

このような考え方であれば、新卒で大手受験に敗れても、子会社やLCCなども視野に入れ、受験を続けながら、まずはCAになることを目指し、そのあと既卒で本命を狙っていく、という流れが、一番いいのかな、と思います。

 

新卒でCAになる目標を達成できる可能性も上がるでしょう。

 

ただし、中には。。。

 

受験生

絶対ANAのCAが良いし、それ以外に全っっっっっっっく興味ない。

受験生

JTA以外に入りたい航空会社が無い。

受験生

エミレーツ以外に全っっっっっっっく興味なし。

受験生

中東に住む気はない。

受験生

日本でCAをする気はない。

受験生

JAL以外にCAとして入社したい会社が無い。

 

など。

 

一社(または環境)にものすごく強いこだわりを持つ受験生も、中にはいるんです。

 

・・・で、彼女たちがCA受験対策で周りに150%言われること。

 

講師

1社だけに絞って受験するはちょっと厳しいのでは?
もっと視野を広げたらどうかしら?

 

あるあるですよね?

 

これね、アドバイスしている側の意見もよくわかるんです。

 

私も、大手のCAを狙っているのであれば、新卒で敗れた場合、とりあえずCAになってから既卒で挑戦し続けるのが一番効率が良いと考えているタイプなので、この意見にはおおむね賛成です。

 

ただし。

 

受験生

絶対ANAのCAが良いし、それ以外に全っっっっっっっく興味ない。

受験生

JTA以外に入りたい航空会社が無い。

受験生

エミレーツ以外に全っっっっっっっく興味なし。

受験生

中東に住む気はない。

受験生

日本でCAをする気はない。

受験生

JAL以外にCAとして入社したい会社が無い。

 

 

 

このような強い意志があるのに・・・

 

他の会社の「志望動機」、書けます??

 

私は無理だと思うんです。爆

 

・・・というか、ストレスになりませんか?

そもそも、ES書くモチベーションでさえ上がらないですよね?

 

・・・ちなみに、それで内定しちゃったら、ちゃんと入社できるんですか?爆

 

 

 

受験生

絶対ANAのCAが良いし、それ以外に全っっっっっっっく興味ない。

受験生

JTA以外に入りたい航空会社が無い。

受験生

エミレーツ以外に全っっっっっっっく興味なし。

受験生

中東に住む気はない。

受験生

日本でCAをする気はない。

受験生

JAL以外にCAとして入社したい会社が無い。

 

 

 

だったら、それで良いと思うんです。

何も間違っていませんよ。

 

CA受験コンサルや、学校の先生は、受験生が「まずはCAになるため」に一番近い道を示そうとしますし、事実、それはデータに基づいてアドバイスしてくるものですので、有意義であることは間違いないです。

ただ、我々が一生懸命データを取って、確率とか傾向を分析して、これがより良い方法である、と結論付けたとしても、そういうのを、いとも簡単にシレっとぶち壊してくるものが、この世には存在します。

 

それが、

「意思」です。

 

 

 

受験生

絶対ANAのCAが良いし、それ以外に全っっっっっっっく興味ない。

受験生

JTA以外に入りたい航空会社が無い。

受験生

エミレーツ以外に全っっっっっっっく興味なし。

受験生

中東に住む気はない。

受験生

日本でCAをする気はない。

受験生

JAL以外にCAとして入社したい会社が無い。

 

 

これは、その受験生の「意思」です。

 

その受験生がそうだと言っているんですから、それしか選択肢が無いわけですね。

なので、ここに我々がどんなアドバイスをしようと意味が無いんですよ。

 

このような受験生というのは、「CA」になりたいのではなく、「その会社」の「CA」になりたいんですから。

航空会社も、ぜひこの層を採用してもらいたいんですけどね。
※いや本当、JALANA採用の担当者は、インターンなんかやってないで私に聞きに来てくれって思いますよ。爆

 

ですから、私はこのように強い意志をもって、1社(または環境)にこだわる受験生がいても、その意見は尊重すべきだと思います。

 

それから、こういう強い意志を持った受験生は、その自分の決断に、「自信」と「責任」を持ってください。

いちいち周りの意見に流される必要も、指導者の考え方に合わせる必要もありません。

 

これはあなたの人生なんですから、常にその選択権はあなたにあります。

 

と、同時に、全ての責任もあなたが背負っています。

 

中東に住む気が無いのに、エミレーツ受験する意味あります?

日系に興味がこれっぽっちも無いのに、JAL ANA受ける意味あります?

 

他人に何を言われようと、入社するのはあなたです。

働くのもあなたです。

 

一つのこだわりに捕らわれず、とりあえずやってみるのも一つの手。

自分の意思をどこまでも尊重し、徹底的にそこだけ狙っていくのも一つの手。

 

何が正しくて何が間違っているかなんて、「就活」にはありません。

 

結構多い質問なので、今回記事にしましたが・・・

今、自分の就活の軸がブレそうな方は、周りの意見を聞きすぎる必要はないということを意識していただければと思います。

 

それでは!

今日はここまでです^^