CA受験コンサルの始め方!CA受験生のサポートに向いている人と向いていない人

CAの複業についてのリクエストを頂いたので、今日はこちらを記事にしたいと思います!

今回は現役CA、元CAで、今後「CA受験」というジャンルで受験生のサポートをしていきたいと考えている方向けの記事です。

 

なお当記事は、きちんと有料でサービスを提供し、その品質と価値・そして何より、サービスの継続を前提とした目標を立てている方が対象となり、ボランティアでやりたいとか、無料でやりたいという方は対象外となります。

 

 

CA受験コンサルを無料でやってはいけない理由

まず、大前提ですが、CA受験コンサルは無料でやってはいけません。

 

これは、発信者を守るためだけならず、善良な受験生を守るためにも必要な施策です。

 

みなさんは、トイアンナさんをご存じですか?

この方は「就活情報発信」で非常に有名な方で、彼女の発信は私も本当に参考にしていましたし、自分が受験生の時に彼女がいたら、どれだけ良かっただろうと感じるほど、有益な情報を発信されていました。

学生に対して、格安でES添削の受け放題をしていましたし、どれだけのリソースを割いていたのか私には計り知れません・・・

 

そんなトイアンナさんですが、先日突然、「就活のES添削サービス」を辞めてしまったんです。爆

 

原因は、

失礼すぎる学生や、理不尽で心無いアンチの批判。

 

・・・これ、トイアンナさんの他に、誰が一番迷惑を被っているか分かりますか?

 

 

善良な学生です。

 

・・・そして、9割の学生は善良なのです。

学生があの価格で、あのクオリティの添削を受けられたサービスは、少なくとも私は知りませんよ。

 

就活ジャンルは、値段を高く設定すると「学生を食い物にしている」と酷く批判され・・・

値段を下げると、約束をトンずらされたり、自分が欲しい情報をとったら即音信不通にしてきたり、発信側のメンタルが崩壊するような本当に理不尽なクレームが大量に届く。

 

どれだけ善意からの行動で、どれだけ熱意をもって取り組んでも、です。

 

トイアンナさんの件はまさに後者。

 

私も過去に、全く同じ経験があるので、彼女の気持ちは本当にわかります。

だから今回、とても悲しい気持ちになりました。

 

この分野は、誰がいつ撤退しても全然おかしくないほど、メンタルが強くないと継続が出来ない分野なんですよ。

それは当然、誰にでも当てはまるし、私に関してはいつでも撤退する準備は出来ています(爆)。

 

自分の発信に耳を傾けてくれる、メルマガ読者の方や限定ページに参加してくださっている方は、もう充分いらっしゃるので、その方々だけに徹底して価値を提供していけば良いだけの話で、なにもSNSや一般ブログで、わざわざ世界に向けて発信をする必要が無いからです。

 

内定する可能性の高い受験生や、人として当たり前のことが出来る受験生は、何に価値があるか、何に投資をするべきか、きちんと判断できます。

CA受験に限らず何事でもそうですが、「投資概念」の全く無い人、人として当たり前のことが出来ない人は、そもそもどんな分野であれ、「成功する可能性が低い」のです。

『投資意識』と『対価の支払い』の概念を知ろう。これが無い人は、大した結果は出せませんよっと。

 

こういう基準の低い受験生に気を遣い過ぎて労力を割き、自分の限界を超えた奉仕をしていると、誰よりもまず先に、自分がやられます。

 

そしてそれは、自分自身はもちろん、善良な学生の機会損失に直結します。

 

だから、無料でやることには、一定のラインを引かなくてはいけないわけですね。

 

それでも「ボランティア」と割り切るなら良いですが。

であるならば、突然のサービスの廃止や、コンサルの途中で突然辞めることがあるという可能性に関しては、最初に提示しておくなど、受験生に期待させすぎないようにしましょう。

自分が発信をする立場になるのなら、その発信には責任を持つべきだし、万人に受け入れられるのは「不可能」ということをきちんと理解できないと、マネタイズを本格化させたいのであれば本当にキツイですよ。

 

・・・ということで、その大前提を踏まえ、CA受験コンサルに向いている人、向いていない人をお伝えします。

 

CA受験コンサルに向いている人

「理念」があり、労力を割いてでもCA受験生を救いたい

まず、「CA受験」に対して、自分が欲しかったサービスや、自分がスクールにされて嫌だったこと、されてうれしかったこと、これから受験をしたいという方をサポートしたい!と思う方は向いています。

この「理念」が無くて、収入源を増やしたいだけなのであれば、何もCA受験コンサルという、いばらの道を通る必要はなく、もっと再現性の高いジャンルに挑戦したほうが良いです。

 

CA受験コンサル以外で他に収入源がある(現役CAなど)

現役CAや、他に別のところでキャッシュポイントを持っている人、またはパートナーが応援してくれている人は、単純に心に余裕がありますので、目の前の受験生を「人」として見ることが出来るし、客観的に的確なアドバイスをすることが出来ます。

万が一生徒さんが何らかの理由で「返金」「キャンセル」となった時も、サービスを提供する人として常識的な対応をできる器を持てるでしょう。

 

時間がある(対面コンサルやサポートをする時間が捻出できる)

CA受験サポートは、コンテンツ販売でない限り「絶対的に労働収入」なので、時間が捻出できなくてはそもそも成り立ちません。

コンテンツ販売であれば、仕組みを作ってしまえばその後は集客だけすれば良いので楽になりますが、であるのなら、わざわざ市場の小さいCA受験というジャンルは選ばないほうが良いです。

 

CA受験コンサルに向いていない人

複業で収入を増やしたいけど、別にCA受験コンサルである必要はない人

鞄にノートとスマホとペンとサングラスが入っている画像

上にも書きましたが、CA受験サポートをしたいのではなく、その目的が「副収入を得たい」なのであれば、そもそももっと再現性のあるビジネスモデルに着手するべきです。

人の人生を左右する分岐点である「就活」という土俵で、テキトーなことをするのは普通に考えて良くないですよね。

 

他にキャッシュポイントが無い人

女性が疲れて横たわる画像悲しそう

他にキャッシュポイント(収入源)が無い人は、「受験生=売り上げ」という構図になってしまいがちで、受験生を数字として扱ってしまう可能性があります。(実際いっぱいいます)

余裕がないので目の前の売り上げに目が行ってしまい、受験生を安易に傷つけたり、「懲戒免職歴があって内定確率が著しく低い」みたいな状況の受験生も「入会金」のために安易に受け入れてしまうので、トラブルにも発展しやすい。

明日食う飯に困っているような人は、「就活」という人生の大きな分岐点を左右するようなところで、人のサポートしている場合ではないです。

まずは自分を勝たせなきゃ余裕もくそもないのです。

自分に余裕がない状態で参入するジャンルではありません。

 

ただ単に起業に憧れている人

三人の女性が楽しく会話している画像

起業に憧れるのはOKですし、むしろどんどんこういう流れが出てくれば良いと思っているのですが、それだけであれば、わざわざ再現性が低く、ビジネス中級者向けで、労力の割に成果が上がりにくく、アンチの湧きやすいジャンルでなくても・・・と思います。

 

 

そもそも就活ジャンル自体が非推奨

犬が疲れてこちらを見ている画像

もう読んでいていわかるかもしれませんが・・・

このCA受験ジャンルは、理念が無い限り、参入は非推奨です。

 

  1. 超労働型
  2. 市場が小さい
  3. とにかくアンチが湧きやすい
  4. 労力に成果が見合わないケースが多い
  5. 自分が先に消耗してドロップアウトしやすい

 

私は理念をもってこのジャンルで頑張っている方も知っていますし、そうでない方(そうじゃなくなってしまっている方)も生徒さんからたくさん聞いているので、両方の側面を知っています。

前者の方は心から応援しているし、このブログでも援護射撃できたらな、と考えています。

私自身のことを言えば・・・

確かに強い理念をもって発信していますが、業界の健全化までしようとは思っていない(そこまで菩薩になれない)ので、「空飛ぶいちご」自体は継続させますが、方向性としては、メルマガと限定サイトのみでの価値提供、という方針で今後は進める予定です。

自分の発信に耳を傾けてくれる方のみに500%の価値を投下し、余った労力は別のところに投下する、ということですね。

 

 

まとめ

細分化するともっと項目は出てくるんですが、きりがないので色々省略しています。(笑)

私は現在、基本的にCA受験サポートを受け付けていないので、かなり遠目で見てはいるつもりですが、市場リサーチは誰よりもやってるんじゃないかな、と思います。

この辺、今後理念をもってCA受験サポートをしたいという方に向けて、簡単なレポートにしたら需要ありますかね?

ちなみにサクッと作成するのでこちらは無料で配布する予定です。

希望がありましたら以下から予約しておいていただけたらと!

もし人数が集まったら作成しようと思います^^(集まらなかったらボツとします(笑))

CA受験コンサル:市場リサーチ無料レポートの受け取り予約

 

 

 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /