『JALとANAの違いは?』『JALにあってANAにないものは?』CA面接での鬼質問!絶対にNGな回答まとめ

追記

面接対策として効果のある「ネタ準備法」を公開しました。

質疑応答形式の面接の準備の仕方が分からない
過去問の読み方が分からない
どうやってネタを整理しておけばいいのか分からない・・・

・・・そんなお悩みが解決する記事ですので、参考にして頂けたらと^^

詳細をチェック

 

今日はCA受験者を悩ませるひとつ!

面接官

JALとANAの違いは?
JALにあってANAにないものは?

面接官

という質問に対しての対処法を説明いたします。

 

よく面接の過去問を調べているときに、この質問を見つけますよね。(笑)

 

私も聞かれましたよ。しかも両社に。(笑)

 

この質問は、一次面接や二次面接など、受験生を振るい落とす、早い段階での面接に組み込まれることが多い気がします。

 

CAには臨機応変さが必須ですので、早い段階でその素質を試されている。

逆を言うと、臨機応変さがないとCAの仕事はできないということですね。

 

(゚Д゚;)!!

 

ぜひ参考にされてください^^

 

 

JALANAの違い質問で絶対に避けたい回答4例

 

1、受験している会社だけを褒める

これは結構多くの方がハマるところ。

もちろん受験しているエアラインを褒めたくなるのは分かります。

しかし、ここで面接官が求めているのは、おだての言葉ではなく、対応能力なんです。

どう言えば誰にも嫌な思いをさせないか。

これができているかどうかが、合否のポイントになってくるかと。

したがって、どちらかだけを褒めたり、どちらかだけを批判してもいけません。

無駄に褒めちぎったところで、『まぁ、うちの会社受験してるんだもんね。そりゃ褒めるよね。』という印象を与えておしまいです。

 

2、受験していない航空会社を批判する

これもNG。理由は上記に書いた通り。

片方に偏った意見というのは基本的にオススメできないのです。

どちらかというと、この『他社の批判』の方が印象は悪いと思います。

みなさんも人の悪口ばっかり言っている人って、友達になりたくないと思いませんか?

それと同じですね。。。

 

3、純利益など単純に比較して正直に答えてしまう

たとえメディアで大きく取り上げられたとしても、ここは正直に言ってはいけない点です(笑)

同じく、福利厚生やお給料、休日の多さ、離職率などなど・・・

この辺のデリケートな問題は避けましょう。

利己的な意見になりがちです。

 

4、CAの雰囲気や技術の比較

CAの雰囲気を比較して、受験している会社のほうが親しみやすかった、など、どちらかのマイナスになる点を挙げてしまうのも絶対にNGです。

そもそも受験生は、両社のCAを比較できるほど、大勢のCAを見ていないことがほとんどですよね。

たまたまその便に乗り合わせたCAが親しみやすかった・怖かったからと言って、それだけで2社を善悪に分けてしまうのは非常にリスキーな回答かと。

しかしながら、その会社のCAを実際に見ているというのは、あなたの『経験』になりますので、ほかのところで十分活用できます。

あくまでもJALとANAの違いは?という質問に対しては使わない方がベターかな。と。

 

 

まとめ

 

なんとなくお分かりでしょうか??

どっちの航空会社を受けていたとしても、そこに両社の役員がいると思って答えることを意識してください。

 

で。

 

当然、JALとANAの違いを聞かれているので、なんらかの違いは言わなくてはいけません。

でもその答えを聞いて、どちらかの航空会社が嫌な気分になる回答は絶対にダメなのです。

 

(´・ω・`)・・・

 

難しいですよね。

 

なので。

 

一つ例を挙げますね。

例えばですよ。

マイナスな点を挙げるとしても、それがその会社にとって本当に参考になる内容だったら、悪い印象は与えません。

 

例:『テレビが大好きな母が、○○○(航空会社)のCMの選曲がずいぶん若者向けだ。と言っていたので、(責任を誰かに被せる)もう少し懐メロや大人向けの選曲も混ぜ込むと、中年層からの支持を受けやすいのではないか?』など。
※これはあくまでも例です。真に受けて使わないでくださいね。

 

また、路線の違い、機内食、機体の絵柄(ポケモンジェットなど)の違いから、少し発想を広げて、当たり障りのない回答をするのもいいでしょう。

 

とにかく一番重要なのは、どちらかの会社が有利な回答をするのはNGである。

 

ということ。

 

ここはしっかりと頭に入れて、面接に臨んで頂ければと。

頑張ってください^^

 

追記

面接対策として効果のある「ネタ準備法」を公開しました。

質疑応答形式の面接の準備の仕方が分からない
過去問の読み方が分からない
どうやってネタを整理しておけばいいのか分からない・・・

・・・そんなお悩みが解決する記事ですので、参考にして頂けたらと^^

詳細をチェック