「実現したいこと」「挑戦したいこと」の違いと「自己PR」「強み」の違い

今日は、タイトルにもある通り

  • 実現したいこと
  • 挑戦したいこと

この2つの違いと、

  • 自己アピール(自己PR)
  • 強み

この2つのの違いについて、図解を入れて解説しています。

 

今回の既卒ESを見ていて、受験生がとても混乱しているな~と思った点です。

確かに分かりづらいですよね。

今回は出来る限りシンプルな図を作成して解説していますので、これらの違いがイマイチ分からない方にもご理解いただけるのではないかと思います。

キーワードは「具体的」「抽象的」なのですが、読みやすいESを自然に書ける人は、この辺がきちんと取り入れられています。

今後の面接でも役に立つと思いますので、ぜひ参考にして頂けたらと!

 

 

自己PRと強み

まずは「自己PR」と「強み」について。

「自己PR」という大きな枠の中に「強み」を含む、自分をPRするための「根拠」がいくつも入っているようなイメージをして頂けると分かりやすかなと。

以下の図をご覧下さい。

「自己PR」は、基本、文章で表現します。

図にすると分かると思いますが・・・

 

「自己PR」= その根拠が「強み」であることだってあるし、

「自己PR」= その根拠が「経験・価値観」であることだってあるし、

「自己PR」= その根拠が「モットー」ってこともあります。

そして、その根拠が併用される場合だって往々にしてあります。

 

なので。

受験生

自己PRと強みのネタが一緒になってしまうのですが・・・

というお悩みも頂くのですが、それで正解です。

 

受験生

〇〇という経験を通して、〇〇を学んだので、それを活かして貴社で〇〇として貢献します。

こちらの文章もまた、直接「強み」を言っているわけではありませんが、自己PRとして成り立ちます。

 

自己PRに使えるネタは、1つではありません。

正解がたくさんある、ということですね。

 

実現したいことと挑戦したいこと

次に、実現したいことと挑戦したいことの違いです。

これは以前ツイートでもしたのですが・・・

 

実現したいこと=抽象的
そのために挑戦すること=具体的

なんですね。

上の例を使って説明すると、「実現したいこと」という大きな枠の中に、「そのために挑戦すること」が何個も入っているというイメージです。

下の画像を見ると分かりやすいと思います。

 

なので、「実現したいこと」のために「挑戦すること」は、1つである必要はありません。

例えば。

「CA受験合格」があなたの「実現したいこと」であれば、そのために「挑戦すること」として「TOEIC取得」「身長を伸ばす」「体力づくり」「留学」「ボランティア」「接客でのアルバイト」など、いくらでもネタは出てきますよね。

 

まとめ

日本語って難しいですよね。

今回はCA受験ESでよく聞かれる「自己PR・強み」「実現したいこと・挑戦したいこと」の違いをそれぞれ解説してきましたが、これはあくまでも「机上」で考える時、というイメージでいて頂けたらと^^

面接ではその時の話手によってニュアンスが少しずつ変わるので、難しく考えるのではなく、面接官の話をよく聞くことを最優先にしてください。

なお、面接官の言っていることがよくわからなければ(質問の仕方が下手な方も結構いるので笑)なんとなくで答えてしまうのではなく、きちんと質問の意味を聞き返しましょう。

「質問の意味が分からなかった」=「不合格」ではありません。

受験生

なんかよくわかなんないけど、聞き返すとマイナスになるかもしれないから、自信ないけどとりあえずこう答えておこう・・・

こっちの方がダメです。爆

ぜひ今後の就活で役立てて頂けたらと!

 

では、今日はここまでです。

既卒ESが佳境に入ってきましたね!

みなさんラストスパート頑張りましょう!

 

   

高額なコンサルやスクールに通わず
自力でCA受験を乗り越えたい方へ。


CA受験対策にそのまま使える
超実践的な内定マインドを
無料メルマガに詰め込みました。


20年卒・既卒
\ CA受験者必見 /

自力でCA内定したい人はコチラ