CAの副業!Twitterでサイドビジネス展開中!でも同業種からディスられ(批判され)ました・・・

昨日の記事を公開してから、副業についてのお問い合わせが増えました。

やまとなでしこ

今日は、すでに副業に取り組んでいる方で、少しづつ成果を出されている方から珍しい質問を頂きましたので、記事に反映させていただこうと思います。
※ご本人にも許可を頂きました。

私も最近SNSの運営方針がようやく固まってきた感じなので、このTwitterでの事象はとても勉強になりました。

 

 

頑張ってる他人を無意味に批判するのは「嫉妬」

まず、批判された側に致命的な問題点が無く、感情論だけで暴言を吐かれた場合。
(質問者様の場合はこれにあたります)

 

批判している本人からしたら嫉妬じゃなかったとても、傍から見たら「嫉妬」にしか見えませんし、実際には嫉妬でしかありませんので、

 

ソライチ

幸あれ^^

 

で完結でOKじゃないですかね?

ばーん

 

これはこの質問者様のケースと全く関係ないですが・・・

Twitter上でたまに起こる、匿名での言葉の暴力、匿名での同業種からの批判・・・爆

よく見かけません?

 

分かりやすい例を挙げましょう。
(架空です)

 

[st-kaiwa-2819]あ、この人、訓練生の分際でTwitterでES添削なんかやっちゃってるけど・・・
ツイート的この人って子会社じゃん(笑) それで何様なの?[/st-kaiwa-2819]

 

で、匿名で質問が送れる「Peing(ペイング)」「Sarahah(サラハ)」などで、

 

[st-kaiwa-2819]同業種ですけど、訓練生の立場でそれはないんじゃないですか?
何様なんですか?[/st-kaiwa-2819]

 

みたいな・・・(笑)

 

その他、顔出しされている方への「外見」に対する劣等感丸出しの謎な批判や、自分と少し考え方が違う人への無意味な批判等・・・

 

 

 

・・・まーあ、
みっともないですよね。(笑)

 

 

 

暇なんですかね。

(‘ω’)ノ

 

 

 

これね、「モノ」や「情報」などの価値っていうのは、それを与える側と受ける側が決めることなので、両サイドがハッピーである限り、部外者は黙れって話なんですが。。。

 

 

この人の顔が嫌い→ミュートすれば?

下ネタが不快→ミュートすれば?

 

 

 

あなたには関係のないことではありませんか。

ばーん

 

 

 

しかも。

匿名でしか攻撃してこないって・・・

 

 

 

嫉妬ですよね。

 

 

控え目に言っても「嫉妬」です。

 

 

 

考え方が違う人がいるのは当然。

 

私にも、

ソライチ

うわー・・・この人マジで価値観合わないわー

って方は結構いますもん(笑)

 

だからってその人を変えようとも思わないし、そもそもそれを「価値がある」と考えている方もいるわけですから・・・

無意味な批判をしても、自分自身が不幸になるだけですよ。

 

 

さっきの例に戻りますが・・・

CA受験のES添削を、現在のCA訓練生が、3000円で募集していたとします。

受験生が、あ、この金額なら払えるし、見てもらいたいな、と思えば、それでいいんですよね。

一人でもそれで救われる方がいるのであれば、十分な価値提供です。

 

 

[st-kaiwa-2819]訓練生の立場でなんなんですか?[/st-kaiwa-2819]

 

 

 

じゃ、
そんなあなたは、
誰かの役に立ってるんですか?

 

 

添削者が訓練生であろうと、ES添削をしてもらいたいと決めるのは、そのサービスを受ける側の「受験生」です。

 

あなたはただの部外者であり、全く関係ないですよね。

 

で。

 

無闇に批判するということは、相手を少なからず傷つけているってことなんですが。

少なくとも1人の見知らぬ他人を平気で傷つけているあなたは、その人以上の何かを誰かに提供してるんですか?

 

・・・まさか、他人を傷つけるだけで終了していませんか?

 

自分ができない(できなかった)ことをやっている方の批判をしているだけではないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

はい。

これを日本(世界)では、嫉妬と言います。

 

 

テストに出るから要チェックね~。

 

※ちなみに何度も書きますが、上の例は私が今、適当に考えた架空の例です。
質問者様のケースは、もっともっと単純でわかりやすい「単なる嫉妬」でしたから(笑)

 

 

悔しかったら自分もやればいいじゃないですかね。

 

 

・・・ということで、相談者の方の行動は、「人から嫉妬されるだけの価値がありますよ」という証明がされた、というだけの話ですから、自信を持っていきましょう!

 

 

SNSのフォロワー数だけを気にし過ぎると、本当のファンが離れてしまう!?

この質問者様も気にされていたんですが、副業でもなんでも「ビジネス」でSNSを利用しているのであれば、私はフォロワー数を競うために使うのではなく、自分のコアなファンを大切にするために使用したほうが良いんじゃないかな~と思います。
※あくまでも私の意見ですが・・・

 

時々私にも、善意でアドバイスしてくださる方がいらっしゃるのですが・・・

 

「フォロー数を増やすと、フォロワーもっと増えますよ」
「もっと幅広いツイートをすれば、フォロワー数もっと増えると思います」

 

など。

 

ありがたいんですけどね。

本当に。

 

が、私はそもそも、フォロワー数よりも、フォローしてくださっている方(目の前にいる人)に、いかに価値ある情報発信をするかってところを、ブログ運営・SNS運営での最重要項目として意識しているので、フォロワー数を増やすことは全くもって目的じゃないんです。

 

この辺については以下の記事でも詳しく書いているんですが・・・

やまとなでしこ

 

もちろん、フォローしていただくのは素直に嬉しいですし、モチベーションにも直結しているので、フォロワーさんの方々のことは、本当に大切に思っているのは事実です。

本当にありがとうございます。

 

が。

 

自分のめちゃくちゃ尊敬している人や、本物の実力者見てても、本当にそう思うんですが・・・

「フォロワー数が多い人」と「本物の実力者」「コアなファンがいる人」「影響力のある人」は、必ずしも比例していない、というのが、私の意見。

 

この辺は、SNSをどういう位置づけで運用しているか、その人の価値観の違いですから、別にどんな風に使っていても構わないのですが・・・

 

[st-kaiwa-3407]会社内でめちゃくちゃ評価されてて、業界の裏事情とか採用にも詳しくて、SNSでもフォロワーの多い私(俺)♡

だけど自分よりフォロワーの少ない同業者がなぜか自分より上手に「マネタイズ」しているのがなんかモヤモヤ。

だから匿名で批判してみよっと(笑)
※その割には結構ストレートでエグいアフィリリンクを自分のTLで時々流す。[/st-kaiwa-3407]

 

(・∀・)

 

こうなってしまうと、ちょっと中途半端感が出るので・・・まぁ避けたいですね。

 

自分が現実世界でどれだけスゴかろうが、そのせっかくの「価値」を他に提供していないのであれば、ネット上では何も持っていないのと同じで・・・

 

なので、それを今頑張ってやっている方を批判するって言うのは、お門違いっていうか・・・

 

 

では、あなたもやればいいのでは・・・?

 

・・・としか言えない案件であります。爆

 

少なくとも、現実世界ではめちゃくちゃ凄くても、それを特に「価値」として提供せずに、他人をどこか見下している雰囲気の「自称スゴイ人」よりも、訓練生の立場でES添削を実際に受け付けている方の方が、「CA受験生」にとっては全然価値がある人達だと思いますし、イケてると思います。

まぁ、少なくとも私はそう思いますね。

 

ですから、もし、SNSをブログのアクセスアップのために使っている、とか、今後のビジネスのために使っているのであれば、きちんと「自分の気持ちを伝える層」は明確に意識して、そうではない層の嫌味等は適当に流せるようになるとラクかなと。

※間違っても自分のファンになってくれた人にTLで直接アフィリリンク流すのはおすすめ出来ないです・・・

 

また、これも大事なので書いておきますが・・・

 

SNSはあくまでも「遊び場」。

ガチでやるもんじゃない。

 

・・・という考え方の人もいて当然であり(おそらくそれが本来のSNSの使い方)、自分が本気でSNSと向き合っているからと言って、そうではない層を批判するのも、当然辞めたほうが良いですね。

 

それでは同じことの繰り返しになってしまいますから(笑)

 

 

ま、結論を言うと・・・

 

  • どんな方針でSNSを運営しているかでその向き合い方は違う。
  • 考え方の違う人を無駄に批判するのは「自爆行為」であり超絶非推奨。

 

ってことです。爆

 

SNSで嫌な思いをされるのは、結構メンタルやられるかもしれませんが・・・

あなたの家まで来て嫌がらせしてくるような度胸等は無い方々でしょうから、あまりお気になさらずに~^^

 

 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /