CA(客室乗務員)は結婚に向いていない?結婚できない?論争についての考察

受験生の皆様へ
現在大人の事情でSNSでの就活情報に制限をかけています。
今後はSNS上には就活に関係のないツイートが多くなるかもしれませんが、みなさんの就活状況を無視することは絶対にありません。メルマガやブログでは普通に更新していきますのでご安心ください^^なお記事更新のお知らせもSNS上ではカットする場合が多くなっていくと思います。小まめにブログに直接ご訪問頂けると幸いです。また、メンバーズページ会員の皆様、JALの結果が出てから既に2記事を更新していますので、こちらも随時チェックしてくださいね^^

 

こんにちは。

久しぶりに炎上系タイトル(マイルドにしたつもりではある)付けてみたのですが・・・

まず最初に申し上げておきますと、この記事には「CAは結婚に向いているか否か・結婚できるか否か」というような内容は書かれていません。

 

・・・なぜなら、

CAは結婚に向いていない、等、断言してしまう話自体、既に暴論であり、普通に考えて人によって違うので答えなんて出ない、が正解だからです。

 

そこで今日は、

なぜ!

わざわざ!!

こういう「CA」という専門職をひとくくりにしてディスる炎上系発信(記事)が定期的に出てくるのか。

 

・・・という部分を考察した記事構成にしたいと思います。

 

 

一括り系記事はアクセス(フォロワー)が集まる

基本web上の記事になってる媒体はこれが主な理由です。

 

要は、儲かるから。

 

単純明快で素晴らしい。ぱっぱらー。

 

一括り系の記事は、ポジティブな意味が含まれていようとネガティブな意味が含まれていようと、100あるうちの5くらいの共通点を見つけてそこをまとめ上げることで驚くほどアクセスが集まり共感が生まれます。

 

「ビジネス」という観点でweb上に記事を書く人間であれば、当たり前のようにジャンルごとに「需要のあるキーワード」をツールを使って分析するはずです。

当ブログも立ち上げ当初、全く知名度が無かった頃は、「自分が書きたい記事」ではなく「自分が言葉を伝えたい層が読みたいと思うであろう記事」を書いていました。

 

私の過去記事を読み直していただけると分かると思うのですが、一括り系で作成している記事があるかと思います。

それは「アクセス」を集める目的で作成した記事たちです。

 

「人が読みたい記事」っていうのは適切にリサーチすればある程度調べられますので、こういう一つずつの積み上げで、ブログの知名度自体を上げていく、ということですね。

炎上芸人系のSNSアカウントでは、ここに

・承認欲求
・フォロワー集め

が加わってきます。
※SNS単体で広告収入を得るのは非効率的だし難しいので、どちらかというと承認欲求寄りだとは思います。
独自メディア運営している炎上系SNSアカウントは「収益化戦略の一つ」としてやってます。爆

 

サイトへのアクセスが集まれば、当然広告収入も増える。

そして、それがポジティブの内容よりも、ネガティブな内容の方が(スキャンダルや人の不幸)反応が高くなる。

クリック率が上がる。爆

 

・・・本当に残念なのですが、人の不幸は蜜の味、というのは人間の性なんでしょうね。(笑)

 

CAは一昔前のイメージが明確にある専門職であることから、叩きやすいし、まとめやすい。

ワイドショーや週刊誌が絶対に無くならないように、こういう記事って人の興味を引くし儲かるので、CAをひとくくりにしてディスる系の記事・発信は、恐らく無くならないでしょう。

 

仮想敵を作ることで仲間意識が芽生える(虐めの精神)

これはCAに限らず、丸の内OLをひとくくりにしたり、パパ活系の人たちをひとくくりにしたり、ぶりっこ系の人をひとくくりにしたり、そういうのも全部同じです。

 

そうそう!!わかるーーーーーー!!!うざいよね!!!

 

と「悪口」に共感し合い一緒に馬鹿にすることで、仲間意識が芽生える。

だから拡散される。

 

これは誰にでもある感情ですが、大体根本はその対象が「気にくわない」「不満がある」という心理。

それだけでは無いんでしょうが、結局「嫉妬」が一番近いと思います。

 

私個人としては、こういう炎上系の「くくり発信」で「妻VS夫の論争」を読むと心がざわつくことが多いですね。(笑)

お恥ずかしい限りですが・・・爆

 

それは日頃から子育てなどで、どうしても夫の自由度と自分の自由度に不公平感を抱いてしまいがちなところが、正直あるからだと思います。

普通に考えて夫は協力的なのですが、子供が「ママじゃなきゃヤダ!」ってなるともう夫が頑張ってもどうにもならないし、正直育児ってそれの連続なんですよね。

そういう時に夫・妻論争を見ると、めちゃくちゃ妻側の主張に共感するし、何なら肩を持つし・・・

 

ソライチ

わかるーーーーーー!!!!!!男性っていいよね!!!本当に!!!!怒

 

とか叫んでしまう自分がいないでもないのです。爆

 

ただし。

世界を「個人」ではなく「カテゴリー」で見ていると、不要な争いが勃発する可能性が高くなるのは覚えておいた方が良いですね。

 

これも実体験なのですが、自分の夫婦関係にはなんの問題も無いのに、ネット上で辛い想いをさせられている妻側の主張とか読んでしまうと、その方の旦那さんはもちろん「男性」全体が敵に見えてくることってあるんです。

私の夫は何もしていないのに、その瞬間、「敵」に見えた。爆

 

・・・これ危険だな~と思って。

顔も知らない、誰だかわからない他人の人間関係を垣間見ることで、自分の夫にも「男性」というだけで「敵の部分」を見いだせてしまう人間の心理?とでもいうんですかね。。。

 

本当、怖いなと思いました。

これはどんな分野にも言えるのではないかと思います。

 

CAディスって定期的にSNSで流れるし、真面目に仕事をしていたり、合コンに行ったことが無い人とかなんかは、「は???」って思うこともあると思うんですよね。

でもこういう発信って、

  1. 儲けるため
  2. 虐めてストレス発散したい

の二種類からくる、と思ってて良いと思うんです。

 

前者はある意味割り切ってるので止まらないと思いますし(笑)、後者に関してはもう・・・・・・です。

 

瞬間風速的に感情が爆発したり、イラっとしてしまうのは人間なので当たり前として、そのせいで一日が台無しにならないように、冷静に情報を見れるようになりたいですよね。

 

まとめ

今、ありがたいことに現役CAの皆さんと、他業種からのCAディスに関して相談を受けたり、現役CA→元CAへのマウントが辛い、みたいな相談を受けるので、一度記事にしてみようと思っていたんです。

現役CAから「元CA」とマウント取られるのが辛いです。

なお、特定の行動に関して「それは違う」って意見を言うのは議論であり、今回の記事とは趣旨が違います。

当記事はあくまでも「CAが一括りでまとめてディスられる」ことに対しての記事です。

「インスタ女子」=「迷惑行為する馬鹿」

みたいなくくりってこと。

非難されるべきなのは「迷惑行為をする人」であり、「インスタ女子」自体には罪はないってことですね。

誤解なきよう。

 

では!今日はここまでです!

 

受験生の皆様へ
現在大人の事情でSNSでの就活情報に制限をかけています。
今後はSNS上には就活に関係のないツイートが多くなるかもしれませんが、みなさんの就活状況を無視することは絶対にありません。メルマガやブログでは普通に更新していきますのでご安心ください^^なお記事更新のお知らせもSNS上ではカットする場合が多くなっていくと思います。小まめにブログに直接ご訪問頂けると幸いです。また、メンバーズページ会員の皆様、JALの結果が出てから既に2記事を更新していますので、こちらも随時チェックしてくださいね^^

 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /