CAを彼女にしたい方必見!CAにとって非常に迷惑なナンパ旅客の特徴

今日は検索需要の非常に高いネタである、CAのナンパについてです。爆

客室乗務員は、一回のフライトでたくさんのお客様の接客をします。

CAも人間ですので、その中にタイプの男性がいることもあるでしょう。

客室乗務員の中には、パイロットや旅客など、現場で直接関わる人との恋愛を完全拒否するタイプと、そうではないタイプが存在します。

後者CAの場合、旅客からのナンパで結婚まで至ることは、実は珍しい話ではなかったりするんですね。

 

・・・しかしながら。

 

以下のタイプの男性は、100%間違いなくCAに迷惑がられるケースなので、CAの彼女を作りたい、フライト中にナンパしたい、という方は必ずチェックしておいてください。

 

安全業務実施中のナンパ旅客

離陸、着陸前の安全業務中は、ナンパどころか、何か物を頼むのはCAにとって非常に迷惑な行為です。

機内の安全を守る事が仕事の彼女らにとって、この時間帯は最も緊迫した時間帯でもあります。

悪気が無かったとしても、特別な理由が無い限りこの時間に話しかけるのは避けましょう。

あまりにしつこかった場合、『安全阻害行為』とみなされ、飛行機は離着陸することが出来なくなります。

そうなると、機長の指示で拘束されたり、警察に引き継ぎになることもあります。(実際私は引き継いだことがあります。)

 

やめましょう。

と言うより。

 

や め て く だ さ い。

 

 

両手が塞がっている時のナンパ

これもね、本当に困ります。

そもそも両手が塞がっているということは、なにかの最中ということであり・・・

他のお客さまからの要望を聞いている最中とか、なにかリクエストされたものを運んでいる最中とか。

一番ひどいのは、明らかにサービスでカートを押し引きしているのに、そこで『ナンパ』という行為を行い、忙しいCAを拘束する。

 

冗談抜きで本当に迷惑。
※他のお客さまへのサービスが滞ります。

 

こちらに関しても、余りにも酷い場合は『機内迷惑行為』として、警察に引き継がれる場合もありますので気をつけてください。

 

サービス最中・前後のナンパ

これも上と似たような理由ですが、食事のサービスや、飲み物のサービス中、そしてその前後などは、CAはとても忙しいのです。

日系航空会社には、まだまだ男性客室乗務員が少ないため、作業場での重たいカートの準備や、その他の力仕事も、全て女性が行います。

 

さらに。

日系航空会社は旅客数に対して、乗務しているCAの数が外資と比べて少ないので、一人でも欠けるとサービスが回らなくなることがよくあります。

なので、この時間帯にナンパをされることは、迷惑行為以外のなにものでもない訳で。。。爆

本 当 に や め て く だ さ い ね。

 

搭乗中・出発前・着陸1時間前のナンパ

離着陸前の安全業務の前後の時間帯です。

離陸前であれば、適切に収納しきれていない荷物が無いか、着席状況に問題は無いか、など。

着陸前であれば、サービス物品の締め作業や、地上係員への引き継ぎ旅客への声かけ、機内ゴミの回収などなどなどなど。。。。。

この時間帯は、最終的な安全業務を落ち着いて行うための準備として、終わらせなければいけないことが山ほどある時間帯です。

最終の安全業務とはまた違い、気が遠くなるほどに、恐ろしく忙しいですし、CAは全員バタバタしています。

ナンパされる余裕があるクルーなど、一人としていません。

 

 

じゃあいつ声をかければいいのか?

あえて言うのであれば、サービスが一通り終了して、機内がライトダウンされた頃合いが良いかと思います。

それでもこの時間帯、CAは順番に食事をとるために、一人当たり担当する旅客数を増やしてリクエストに応えています。

リゾート路線など、便によっては笑えないくらい忙しいこともあるので注意が必要です。

機内照明が消えて、なおかつCAに余裕がありそうであれば声をかけてみてもいいかもしれません^^
※正しいタイミングだったとしてもナンパがうまくいくかどうかは全く別問題ですのでご了承ください。

 

最後に

CAをナンパしてはいけない時間帯をご紹介してきましたが、これはあくまでも『ナンパ』に特化した場合の話です。

飲み物が欲しかったり、機内が寒かったり、何か用事がある場合は、普通に声かけて大丈夫ですからね。

以上、CAをナンパするタイミングについてでした♪

 

 

   

高額なコンサルやスクールに通わず
自力でCA受験を乗り越えたい方へ。


CA受験対策にそのまま使える
超実践的な内定マインドを
無料メルマガに詰め込みました。


20年卒・既卒
\ CA受験者必見 /

自力でCA内定したい人はコチラ