【CAの世界】体育会系CAは気をつけよう!サムライタイプの新入社員が気をつけたいこと

先日、若手・新人向けに『後輩力』をテーマにして記事を書いたのですが、これが結構好評でした。

CAの女社会を生き抜く「後輩力」とは?新人・若手が手に入れるべきスキルはこれだ!

今日はその後輩力高めルーキーの中でも『サムライタイプのCA』について言及していきたいと思います。

 

サムライタイプCAの大きな特徴

1、体育会系(の性格)で本気で全国制覇などを目指していた。(スポーツだけに限らない)

これはかなりの確率で当てはまります。

学生時代から『全国制覇』などの高い目標に本気で向かっていた方で、厳しい練習、厳しい上下関係を叩き込まれている場合が多く、CAの初期訓練、また、人間関係も、学生時代の部活動やクラブ活動に比べたら『楽勝』だと考えている方が非常に多いです。

 

2、目標を達成するための『努力』はやって当たり前

これもサムライタイプのCAの特徴。

『目標は達成するのが原則』であり、その為の努力は、もはや努力ではなく『必須項目』なので、やらない、という選択肢が無い。ということですね。

 

3、結果主義

スポーツの世界にいた方なんかは特に、この考え方が『基盤』になっている場合が多いです。

世の中『結果』を出してなんぼ。

『過程が大事』という理論も分からなくはないが、結局は『結果』が一番大事。

例えば、普段からチャラチャラしてる人と、毎日コツコツ頑張ってる人がCAを目指していた。

採用試験では、前者が合格した。

この結果に対して、チャラチャラしている人の方が、結局「勝ち」だと思う。

こういう考え方の持ち主のことです。爆

 

サムライタイプのCAが気をつけなくてはいけないこと

サムライタイプCAは「勝ち」「結果」にこだわる人が多く、その為に、一般的に言う『努力』を惜しみません。

就職活動においても、たくさんの内定をもらう傾向があります。

読んでもらえば分かるように、このタイプにとっては、一般的に言う『努力』は、努力のうちに入っていないから。

当たり前にその会社に必要な条件を期限内に揃えてくるし、会社にとっても『魅力的な人材』に映ることはすごく多いです。

さらに、客室乗務員の業界で言うと『初期訓練』も、わりと軽々クリアします。

上を本気で目指していた学生時代の部活動やクラブ活動に比べたら、事実、楽勝だからなんですね。

 

恐らくこのタイプは、実際にフライトをし始めても、概ね上手くやっていきます。

会社からの評価も、たいていの場合、『中の上』をキープ出来るでしょう。(笑)

また人間関係も、学生時代に叩き込まれた上下関係の掟をそのまま活用する事で、かなりの確率で、『女の敵』というポジションから上手く外れることが出来るはずです。

 

・・・さて。

何も問題なさそうに見えるこの『サムライタイプCA』ですが、一点、注意してもらいたい事があります。

 

それは、

ものすごく孤立しやすい

ということ。

 

教官からも一目置かれる。
先輩からも一目置かれる。
同期からも一目置かれる。

上2つは良いのですが、問題は『同期から一目置かれる』です。

 

同期から、

この子は優秀過ぎて、なんか話しかけづらいな・・・

と思われがち。

 

これ、本当にあるあるなので気を付けましょう。

 

サムライタイプの訓練生は、ぜひ覚えておいてください。

みんながみんな、あなたのように考えられるわけではない。

・・・ということを。

 

航空業界は『連帯責任』が基本ですから、もしかしたら、他の訓練生よりも余裕がありそうなあなたに、常にしわ寄せが来るかもしれません。

こういう点から、サムライタイプCAというのは、下手をすると同期との間に壁が出来てしまう、というリスクが常にあるんですよね。

 

・・・さらに、あなたが優秀だからゆえに、ちゃんと課題をやってこない同期に対し、あなた自身が不信感を抱いてしまう場合もあります。

 

例えば、

『担当区分のweight & balanceを確認して、離陸前までに責任者に報告』

この文章を一字一句暗記する必要があったとしますね。

 

サムライタイプCAにとって、この文章を暗記するのは『当たり前』であって、さらにweight & balanceとは具体的に何か、どこで調べるのか、誰から貰える情報なのか、など、これに関する情報を、マニュアルで調べられるところまで調べ、理解した上で、次の訓練に臨みます。

で、その訓練当日、同期がweight & balanceのことをよく分かっていないどころか、まともに暗記さえ出来ていないことに、驚き、軽い不信感を抱いてしまうのです。(笑)

 

・・・でもですね。

これはあなたが、優秀だから、出来ることなんですよ。

 

サムライタイプではない訓練生や、すでに訓練で山程出される課題にいっぱいいっぱいの方には、あなたのように先を読んで、1を言われて10を理解してくる『余裕』がありません。

 

そして通常、それが普通なのです。←これ重要。

 

あなたにとっての『普通』は、他の訓練生には『普通』ではないのですよ。

ここを、絶対に理解しなくてはいけません。

(‘ω’)ノ

 

サムライタイプCAは、概ね上手くCA生活をこなしますが、だからと言って、それが一番良いわけでもなんでもありません。

訓練では優秀な分類に入るでしょうが、現場になったらそうとは限りませんし。爆

 

学生時代がキツかった場合、訓練やフライト自体が『ラク』に感じる、これは仕方がない事です。

 

・・・ですが、それは『偉い』のではありません。

 

確かに一つのメリットではありますが、だから『CAとしてスゴイ』のではないのです。

今、訓練中で同期に不信感を抱いている方なんかは、ちょっと自分のことをよく見てみてください。

それはその同期が悪いんじゃなくて、ただ単に、あなたが『優秀訓練生』なだけじゃないでしょうか?
※なお安全性関連のところを舐め腐ってる訓練生は例外です。
こういうタイプは必ずどこかでボコボコにされると決まっていますので、安心して下さい。

 

訓練で優秀でも、現場はまた違います。

訓練がボロッボロだった子が、現場ではキラッキラというのも珍しくありません。

ぜひ、自分と違う『同期』を受け入れる、心の余裕を持って欲しいな~と思います。

頑張りましょう^^

 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /

   

高額なコンサルやスクールに通わず
自力でCA受験を乗り越えたい方へ。


CA受験対策にそのまま使える
超実践的な内定マインドを
無料メルマガに詰め込みました。


20年卒・既卒
\ CA受験者必見 /

自力でCA内定したい人はコチラ