【既卒CA受験】現職と転職活動の両立スケジュールの立て方

 

既卒CA受験生には、現職とCA受験の同時進行やスケジューリングに不安を抱かれている方がとても多いです。

私のところにも多くの質問が届くので、今日はその優先順位の付け方と、スケジューリングまでの落とし込みについて書いていきたいと思います。

 

CA受験対策スケジューリングの優先順位

優先順位1位:CAの条件(TOEIC・身長・見た目関連)

主にTOEICですが、600点を超えていない方は、募集が出るまで一心不乱にTOEICのみに集中してください。
※既に募集が出ており、ES作成が必要な方はそちらを優先するべきなのですが、そこに要する時間の目安は後述します。

 

他に何も考えなくて結構です。

とにかく試験が終わるまで、英語と向き合ってください。

現状、TOEICの基準値を超えていない = 明確に不利 というくらい、TOEICは重要視されています。

これがまず最優先事項。

英語を話せる話せないは別として、もうTOEICのスコア、これは「条件」と言っても過言ではありませんので、なんとしても取りたいところです。

企業研究・自己分析は、募集が始まってからでも間に合います。

特に企業研究に関しては、メンバーズ会員の方であれば、以下のワークを活用することで、最悪1週間集中だけでも相当強いものが出来ますので、とにかくまずは!!条件をきちんと揃えてください。

【完全保存版】ハイレベルな志望動機と自己分析を同時進行で行う具体的手順(ワークシート有)

最近の傾向では、650点でも正直「英語が得意」というアピールにはなっていない印象なので、「英語が得意」ということを数字で証明したいのであれば、700点に乗り上げていたいところですね。

 


当記事は 「メンバーズページ」への参加で閲覧が可能です。

メンバーズページとは?