CAのインスタやTwitterは身バレする!?現役CAもCA受験生も『インスタ映え』には気を付けて!

今日はCA業界におけるSNSの注意喚起についてです。

受験生の中にも現役CAの中にも、Facebookやインスタグラム、ツイッターなどを利用している方は多いかと思います。

雑誌を見ても、テレビをつけても、『インスタ映えする』などの、SNSを意識した言葉を聞かない日は無いですよね(笑)

もちろん、SNSは友達とのコミュニケーションツールとして使用するのは全く構いませんが、現役CA、CA就活生は気を付けた方が良いと思います。

 

企業側は社員・受験生のSNSを見ている!?

CA受験の管理職が、受験生のSNSアカウントをいちいちチェックしている、というのは考えにくいですが、ありえないとは言い切れないのが現状です。

今後もこの受験生のSNSをチェックする動きは、さまざまな業種で大きくなっていくかと。。。

要はネットリテラシーのチェックですね。

 

特に、実名で利用している方も多いFacebookに関しては、公開範囲に気を付けてください。

タグ付けされている友人の写真にも気を付けてくださいよ。

 

個人的に、自分のプライバシーをネット上にアップすることは、CA受験でプラスになることはありません。

特に、受験生にとって、傍から見ても『イタい投稿』や『婚約アピール』などは、面接官が見たら間違いなくマイナス効果になりますので。

 

また、実名でブログをされている方も、就活中は余計なことを書かないほうが良いです。

そして怖いのは、こういうSNS系のトラブルと言うのは、基本『タレコミ』で発覚すること。

 

某映画監督が、自分の友人しか見ないSNSのタイムラインに、視聴者を貶める発言をしたものをスクショされ、2chに晒されたことを知っていますか?

|д゚)

 

人間というのは、必ず『嫉妬心』を持っています。

自分の友達だから大丈夫という考えは非常に危険です。

内定を僻んだ、悪意ある受験生にイタイ投稿を『告げ口』されたらどうするんですか?

 

ありえないとは言えませんよ。本当に。

また、このSNSの使用は、現役CAも気を付けてください。

Twitterではたまに、顔も航空会社名も晒している方を見かけますよね。

この人達というのは、一般の方とは違います。

この領域にいくと、もはや『会社のPRに役立っている方々』であり、多くは企業側も認めています。

広告の一環なのです。爆

 

彼らは正真正銘、会社側に貢献している、ただのスゴイ人たち。

 

会社側から頼まれていない限り、彼らの真似はしない方が無難です。

  • 顔出ししていない
  • 会社名も公表していない
  • 自分のビジネスも持っていない

 

普通のSNSユーザーは、ほとんどの場合がこのようなタイプだと思いますので、安易にネット上に個人情報や、その会社の特徴や、見る人が見れば会社名を特定できるような内容、その他、ネットに載せる必要のない情報をアップするのはやめましょう。

利点がありません。
※元が付くなら本人次第ですが、特定の会社の不利益になることは書かないほうが良いですよね。

基準としては、ご自身のSNSを、会社やご家族に堂々と見せられるか、これを基準にしてください。

 

ネット上の匿名はもはや『匿名』とは言えない

SNSの特徴として、『匿名』というものがあります。

名前も顔も会社名も晒していないし、このくらい大丈夫だろう!

みたいな感覚で利用されている方も本当に多いかと思いますが、あまり『匿名』に胡坐をかいていてはいけません。

私もネットに記事を書いている者として心得ているつもりですが、SNSを使用する時点で、個人情報などダダ漏れだと思っていてくださいね?

ネットには匿名はありません。

また、SNSは横でつながっていることも多く、ご存じの方も多いでしょうが、インスタグラムはFacebookの子会社です。

このSNS同士は当然情報が連携されていますので、あなたのインスタグラムのアカウントがわかる方は、簡単にあなたのFacebookのアカウントも見つけられるということですね。

そしてFacebookのアカウントがきちんとプライバシー設定がされていなかったら、最悪の場合、会社名や電話番号もバレます。

・・・と言うか、電話番号はダダ漏れな方が非常に多いですよ、Facebookなんて特に。

 

これ、海外では最近特に厳しくなっていますが、「PR」として正式に認められている範囲でない限り、ネットに会社の細かい情報を載せることは、普通に『処分の対象』になります。

実際、知人の日本人は、自身のFacebookが原因で某航空会社のCA解雇処分になりました。

外資系は「一線を越えてしまった時」の規定が日本よりも厳しいので、注意してください。

 

インスタなんかは日系よりも外資が多いし、日本の航空会社はつまんない、みたいな風潮はありますけど・・・

「解雇」については海外の方がシビアに行ってくると思います。

とにかくどんなSNSを運営するにしても、自分が勤める会社の規定は熟読してください。

 

 

Twitterや他SNSは、普通に個人特定できます。

Twitterの投稿なんかはSNSの中でも闇が深く、匿名だし大丈夫と思って、結構適当なこと書いている人多いですよね。

これですね、特定の条件が揃えば、普通に個人特定できます。

 

個人でも条件次第で特定できるので、資金力のある大企業なんてもっと簡単にできるんじゃないでしょうか?

 

簡単に「加害者」「被害者」になってしまいますので、発言や発信内容には本当に注意しましょう。

 

以下、分かりやすくまとめられたブログをご紹介しますね。

ツイッターで誹謗中傷は許されない!削除と犯人特定する開示請求の方法
出典:誹謗中傷・ネット削除ガイド

ネットでの誹謗中傷!書き込んだ人物を特定するための手順
出典:咲くやこの花相談室

 

私も一度トラブルに巻き込まれたことがありますが、全て水面下で必要な対策は済ませています。

 

そのアカウント自体はTwitter社に削除されていましたが、全て証拠を残してありますので、次に何かあった場合、証明として使用する予定です。

もし自分が被害者になてしまったら、感情を出す前にまずは「証拠保全」しましょう。

 

 

まとめ

SNSの危険性をご紹介しました。

ネット社会は便利ですが、その便利さが故に、しっかり使いこなせないとリスクが発生します。

きちんとSNSの危険性も踏まえたうえで、上手に利用していきましょうね。

上手に使えれば、SNSは非常に有意義なツールになりますので。

便利なツールを生かすも殺すも、あなたの知識と行動にかかっていますから^^

それでは、今日はこの辺で^^

 

 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /