剣道推薦で県内トップ高校に入学後、戦力外通告を受けた『負け犬剣士』だった私が、国際線客室乗務員になった話。

※(storys.jp)ストーリーズで掲載させていただいた記事ですが、ありがたいことに、ご希望を多数頂きましたので、当ブログでも掲載することにしました!

以下、かなり長文の物語形式になりますので、通常の記事構成とはちょっと異なります。ご了承ください。

目安ですが、すべて読むのに20分かかります!

 

 

『このメダルはお前が持ってろ』

 

渡された銀メダルが手のひらで光る。

2005年8月。

 

千葉インターハイ剣道会場で、『団体準優勝』という結果を残し、歓喜のムードに包まれた自分のチーム。

その片隅で、私は一人、顧問に呼び出されていた。

 

『お前もスポ薦で入った一人なんだから』

 

涙をこらえるには苦しすぎた、顧問の優しさだった。

 

これは、13歳から剣道を始め、県内トップの高校にスポーツ推薦で入学した私が、選手外通告を受け、3年後に客室乗務員になるまでの物語である。

 

 

剣道と出会う。

私が剣道を始めたきっかけは、あまりにも単純だった。

仲の良い友人が、一緒に剣道部のオリエンテーション見学に行こうと誘ってくれたから、付き合いで顔を出したのだ。

 

はっきり言って、その時は剣道に興味が無かった。バドミントン部に入部する事を決めていたから。

 

しかし、物事は急展開を迎える。

オリエンテーション見学が終わった日、私はたまたま、ずっとファンだったチャゲアスのASKAが、剣道の有段者(三段)であることを知ったのだ。

 

『ASKA三段持ってるんだ…私も三段取ろう。』

 

これが剣道を始めた理由。
これ以上でもこれ以下でもない。

 

この日から、私は日本一の剣士を目指すことになる。

 

中学一年生から始めた剣道。
中学の3年間は、私にとって非常に華やかな3年間だった。

 

指導者に恵まれたのと、女子の先輩部員、3年生が0、2年生が3人だけだったことから、レギュラー入りは最初から必然。

これは大きかった。

 

当然、最初は、試合の流れが分からず、
テキトーに時間が経つのを待っていたが、
強い選手を見る事で、段々と勝ち方の法則が見えてくる。

 

毎日の稽古は、
まぁ、ラクではなかったが、
メキメキ成長するのが目に見えて分かったので、正直、楽しかったのだ。

 

それまでは、
県の区大会で一勝もあげられない、無名の弱小チームだった我が校は、
そのわずか一年後には、県内の2強校入りし、代表として関東大会に出場するまでに成長する。

 

高校のスポーツ推薦の声がかかったのは、
私が3年生になったばかりの頃だった。

 

正直、その頃の私は、神奈川県内の剣道部員には、ある程度名前が知れ渡っていた。

 

〇〇中学校で、大将を張ってる橘田。

 

自分の肩書に、壮大な勘違いをしていた時期でもある。

 

強い剣道部員を抱える神奈川県の高校からは、おおむね全てから声がかかった。

 

ひときわ熱心に声を掛けてくれたのが、その年、神奈川でトップに躍り出て、インターハイの切符を手に入れた、私立の進学校。

 

私の母校である。

私立だ、ということで、父の大きな反対を受けたが、母は応援してくれた。

 

当人の私はと言うと・・・

実は、高校の剣道部を舐めて掛かっていた部分があり、『ま、大丈夫っしょ』程度の気持ちしかなかった。

 

それよりも、学年で早々に『スポ薦』での高校進学が決まり、周りが受験勉強に励む中、このピリピリ漂っている教室中の空気を、自分だけ恵まれた環境で、どう切り抜けようか、そんなことばかりを気にしていたと思う。