JAL ANA 先任・CP・中堅CA層は要チェック!ゆとり世代以降の後輩の扱い方

CAのお局対策は今までも結構記事にしたので、今回は「後輩CAとの付き合い方」についてです。

過去記事
CAの人間関係!お局CAのトリセツ(取説)タイプ別 攻略法解説。 お局様CA予備軍の特徴!中堅層は気を付けてください

 

ゆとり世代・さとり世代と言われる若者たち。。。

後輩CAとの付き合い方って、実はすごく難しいですよね。。。

 

ですが、彼女たちがこれからの未来を背負っていくわけですから、この世代に当たらない人たちは、『最近の若者は~(# ゚Д゚)』と怒っていないで、彼女たちを上手に扱わなければいけません。
※と、ゆとり代表で言わせていただきました(笑)

 

(´・ω・`)

 

後輩に親しまれるCA像とは

後輩から親しまれるCAというのは、共通して以下のスキルに長けています。

 

プライドを捨てることが出来る

 

これですね^^

 

そもそもCAの実力というのは、その個人の実力では計れないと私は思っています。

 

これは私の意見ですが、『CAとして一番優秀な人材』というのは、その便に乗っているお客様が、毎回毎回『快適だ』と思わせる雰囲気を作れるCA。

 

つまり。

その便のCA全員が、100%の力を発揮することが出来、安全・円滑に離陸から着陸までのルーチンワークをマネージメントできる人材だと思っています。

 

お客様って、実はCAのことを、本当によく見ています。

 

当然ですが、どのCAが新人で、どのCAがお局様か、ちゃんと見ているってことです。(笑)

 

( ゚Д゚)!!

 

これね、CAの中堅層とベテラン層にぜひ!読んでいただきたいのですが・・・

 

新人CAの力を100%発揮させられるCAが、有能な先輩CAです。

 

威圧でその新人CAちゃんの力を、半分も発揮させられない先輩CA。

これ、実力不足。

(´・ω・`)

 

これを理解していただきたいです。爆

 

 

あなたが先輩ならば、いかに後輩を『自分の信者にさせるか』が重要。

言い方は極端ですが(笑)、事実ですよ。爆

 

CA

この先輩が責任者だと、思い切ってお客様と話せる!

CA

この先輩だったら失敗しても泣かされない。

CA

この先輩だったら、自分の意見を言っても怒られない。

CA

この先輩だったら、なんかフライトが楽しい!

 

後輩CAというのは、あなたが思っているよりも、あなたに気を遣っています。

 

だって。

 

自分だってそうでしたよね?

 

自分がやられて嫌だったことは後輩にやらない。
先輩にされて嬉しかったことは後輩にやってあげる。

 

間違っても!!!!

 

起きた問題を『後輩の責任』で片付けないこと。

・・・これ本当多いんですよね。^^;

 

先輩だったら、『後輩の失敗は自分の失敗だ。』ぐらい、堂々と言ってください。

 

そもそも。

後輩CAの失敗というのは、その子が失敗してしまうような指示しかできなかった、先輩CAの責任なんですよ。

(´・ω・`)

自分の指示力不足です。

 

フライトというのは、誰が欠けても完成しません。

自分一人の実力が高いからと言って、それは大した問題ではないんです。

 

例えば・・・

10人のクルーで、それぞれのポテンシャルが100だとします。

5人が新人CA、5人がベテランCA。

 

新人が先輩にビビりまくって、1人50%しか力を発揮できなかったら、全体のフライトの完成度って・・・

(ベテラン層)500+(後輩)250=750です。

 

 

・・・では。

ベテランCAがこの記事で言う有能CAで、後輩の実力を十分引き出せる人材だったとします。

(ベテラン層)500+(後輩)500=1000

 

・・・分かりますか??

 

更に有能なCAは、後輩の力を最大限に活用し、一人120%の力を発揮させることが出来ます。

・・・するとどういうことが起きるか。

 

後輩だけで『600%』出せるんですよ。(笑)

ベテランが多少手を抜いても、フライトの完成度は最初の750よりも上がるはずです。

 

フライトの完成度が、後輩を活かすことで、こんなに差が出るわけです。(笑)

(; ・`д・´)

 

 

CA

自分が舞台に立ちたい!

CA

私のサービスはすごい

 

(*’ω’*)どやっ

 

・・・責任者資格持ってるんだったら、そんな低レベルなこと言ってないで目の前の新人がイキイキ仕事しているか、よく見てくださいね。

 

あなたにビビってミス連発しているようでしたら、それはあなたの実力の無さの現れですから。爆

後輩から人気のある先輩は、ほとんどの場合、上司からも信用されています。

 

上司から人気はあるが、後輩から信用されていないクルー。

これ、最悪。
※多いですよね(笑)

 

本当、中堅層・ベテラン層、ぜひ気を付けてください。(笑)

(´・ω・`)

 

プライドが高く扱い方が難しい後輩の接し方

・・・ただし。

そうは言っても、難しい後輩もいるのは事実。

 

特に、仕事のできるタイプの後輩CAは、非常に扱いづらいですね。(笑)

そういう後輩には、あえてできない先輩CAとして演じるのも、一つの手段。

 

どんなにできる後輩でも、所詮は後輩なんですよ。(笑)

 

先輩から頼られたり、褒められるのは、普通に嬉しいんです。爆

なので、そこはあなたが大人になって、後輩のプライドを立ててあげましょう。

 

後輩に気を遣いすぎと思われるかもしれませんが・・・

私は、『若手』がうまく働いた方が、フライトの完成度は高くなると思っています。

 

先輩、または先任客室乗務員、およびチーフパーサーは、最後の砦です。

あなたには、他に心配するべきことが、気が遠くなるほどたくさんあるでしょう。(笑)

 

若手で解決できる問題なのであれば、任せてあげてください。

こんなこと当たり前のことですが、出来ていない先輩CAはびっくりするほど多いのが、日系航空会社の実態です。(笑)

 

場合によっては、『プライド』は大事にした方が良い事もありますが、乗務に関しては、『プライドを捨てられる人間』の方が人として器が大きいことを、ぜひ覚えていただきたいと思います。

 

ではでは!

今日はここまでです。

 

 
 

 

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /